高速で信頼性の高いプレート向流式熱交換器のCFDシミュレーション

メッシュ生成 セミナー     24.06.2021

THURSDAY, JUNE 24th

REGISTER HERE

 

4 PM CET (click on the register button to see your local time)

 

Not available for this time slot? Join anyway and we’ll send you the recording.

 

熱交換器の性能を予測することは、しばしば困難な課題となります。NTU(Number Tranfer Units)法などの単純化された方法を使用するには、まず一連の仮定を行わなければなりません。CFDを活用することで、流れの詳細をより正確に分析することが可能です。OMNIS™では、この種類の問題を分析するためのメッシュとシミュレーション設定を簡単に行うことができます。

Omnis™/Hexpress使用すると、流れ場の各領域をS2VまたはV2S法でメッシングすることができ、それぞれの手法の利点を活かすことができます。

Omnis™/Open-PBS は、複数の流体および固体ブロックを含む共役熱伝達(CHT)シミュレーションに最適な、同時処理・ポスト処理の機能を備えた信頼性が高く使いやすいシミュレーション環境です。

ケイデンスのOMNIS™が迅速で信頼性の高い結果を提供し、熱交換器の開発にいかに貢献するかをご覧ください。ウェビナーでは、プレート向流式熱交換器のメッシュ作成とシミュレーションについて学習できます。​ 

ウェビナーで学習できる内容

  • マルチドメインのメッシュ作成、S2VとV2Vアプローチの併用

  • OMNIS™/Open-PBSを使用した共益熱伝達シミュレーション

 

このイベントを共有: