汎用ガスタービン燃焼器

        顧客事例     14.05.2017

このケーススタディは、汎用ガスタービン(GGT)燃焼器における燃焼と輻射伝熱に関する研究で、ドイツ・ダルムシュタット工科大学で実施されました。このケーススタディでは、OMNIS™/Open-DBSのマルチフィジックスモデリング機能を例証しています。以下の3つのテストケースのシミュレーションが実施されています。

  • 断熱拡散燃焼
  • 輻射熱損失による非断熱拡散燃焼
  • 部分予混合燃焼

論文全文を読むには、こちらをクリックしてください。

 

この記事を共有: