OMNIS™

NUMECA is now Cadence

多分野にわたる設計と最適化のための合理化されたCAEワークフロー

産業用CAE、特にCFDは、製品の実際の動作に近い高忠実度モデリングへの産業界の動きに起因する多くの要因により、大きな進化を遂げています。

モデリングプロセスでは、(1)流れの構成や適用分野の多様性、(2)形状や物理学の複雑性、(3)解析や最適化を含む学際的な解析の必要性など、多くの要素を考慮する必要があります。

  • 共役熱伝達(CHT)カップリング流れと熱伝達
  • 流体-構造相互作用(FSI)
  • 燃焼のような流体-化学反応と多相相互作用
  • 空力-音響カップリング流れと騒音

これらの様々な応用の背後にある物理学は非常に異なることが多いため、特定の応用ごとに専用の技術を所有する必要があります。  

しかし、このような専用技術の必要性の結果、エンジニアは、異なるインターフェース(GUI)、データ設定、構造、フォーマットを持つ様々なCAEコードやソフトウェアツールを組み合わせて利用することが多く、それぞれが特定の分野に焦点を当てており、すべての設計ツール間の接続がゼロか、あるいは不十分です。

マルチツールを導入しているユーザーにとって、多分野の設計と最適化ループのための合理化されたCAEワークフローは、生産性の課題を解決するために絶対に必要なものです。

 

Turbomachinery CFD simulation with OMNIS from NUMECA

Aerospace CFD simulation with OMNIS from NUMECA


設計から結果分析まで、1つの環境で

エンドツーエンドの CAE フレームワークである OMNIS™ は、そのソリューションです。シミュレーションプロセスの各ステップを迅速かつ効率的に解決するための専用ツールを備えたOMNIS™は、設計から結果分析までのCAEワークフロー全体へのグローバルなアクセスを提供し、洗練された直感的でアプリケーション主導のインターフェースを介してユーザーが操作する高性能なCADツールや、Python APIや最適化モジュールを介して自動的に制御されるツールを備えています。 

  • 統一されたユーザーインターフェースにより、複数のツールを学習して接続する必要がなくなります。
  • カスタマイズされたGUIでCADから結果までのワークフローを独自に定義
  • 独自のファミリーツリーを介してネイティブCADをOMNISにリンクし、CADを置き換えてワークフローを再生します。
  • 一貫性のあるデータ構造で、ファイル変換の遅延や面倒な破損エラーを回避します。 
  • 独自のフレームワークでツール間のコミュニケーションを可能にします
  • 独自のセットアップにより、あらゆる流体/音響流れ問題を解決するために必要な幅広い技術を持つ複数のソルバーにアクセスすることができます。
  • オープンAPIにより、社内やオープンソースのソルバーやツールに簡単にアクセスできるようになります。 


スピードと使いやすさ

  • ジオメトリやメッシュから設計、最適化、シミュレーション結果に至るまで、シミュレーションプロセスの全段階を単一の統合環境で実行できます。
  • AutoSealテクノロジーにより、CADまたはSTLから水密性の高いジオメトリを1時間以内に作成できます。 
  • 専用の業界テンプレートを使用して、外部空力のケースや回転機械のケースをセットアップします。
  • 以前のテンプレートを簡単に再利用して、様々な設計構成や運転シナリオを調査できます。 
  • 簡単にアクセスできるPythonとC++ APIを使用して、任意の外部ソルバーに接続可能 

フィデリティ・ツー・ニーズ - 必要な忠実度(フィデリティ)のレベルに応じて実行できます

完成車や超音速ジェット機の外部空力特性から、ターボチャージャーやガスタービンキャビンの性能マップ、高速船の操縦や最小コンポーネントの最適化まで、OMNIS™ を使用すると、ボタンをクリックするだけで必要な忠実度のレベルを選択することができます。 

設計段階の初期に短い時間で多くの計算を実行したい場合でも、検証段階で高忠実度モデルを実行したい場合でも、OMNIS™ はそのような機能を提供します。

流体解析に焦点を当て、(U)RANS、FVM 技術を用いたDES/LESから様々なレベルの忠実度を実行したり、DEMを用いて様々な形状やサイズの粒子を考慮したりすることができます。 

すべてのシミュレーションを一箇所で実行し、ボタンをクリックするだけで、ある物理モデルから別の物理モデルに変更することができます。

最新情報にアクセス

ニュースレターをご購読ください。CFDの最新情報、イベント、ウェビナーの情報などをお届けします。