新規リリース- FINE™/Open With OpenLabs™ V9.1

    Laura Trappolini     ニュース     26.11.2019

AutoSeal (HEXPRESS™/Hybrid)

HEXPRESS™/ Hybridは、穴や隙間を閉じるためのサーフェスを自動的に作成する新しいツールであるAutoSealを新たに搭載します。非コンフォーマルな部品間の隙間や、ボルト穴のようなトポロジ的な穴の間のギャップを修正します。

AutoSealにより、通常数週間の工数が必要な場合でも、ものの数分でシミュレーションに適合したジオメトリを準備することが可能です。

 


優秀なエンジニアでも一週間はかかるキャビンモデルの穴埋めですが、AutoSealを使えば1時間で終わります。その上ロバストで、我々が試した10個のそれぞれ異なる形状のテストモデルにおいても、全て基準を満足する品質が得られました。 

株式会社本田技術研究所 高村 明男 様


 

HEXPRESS™/ Hybridの分散並列

HEXPRESS™/ Hybridでは、Open MPIまたはIntel MPIライブラリを活用した分散メモリ並列モードによって、数千コアを使用したメッシュ作成が可能になりました。この機能によって、10億メッシュを10分以内で作成することが可能です。

コア数とメッシュ作成所要時間のスケーラビリティ曲線

   

燃焼テーブルの情報がGUIに表示 (FINE™/Open)

燃焼テーブルの情報がGUIに表示されるようになりました。テーブルの種類、および、燃焼テーブルの生成に使用される燃料と酸化剤の設定は、FINE™/ Openのインターフェースで直接確認できます。この情報は、テーブルファイルにも保存されます。

燃焼テーブルのヘッダー情報

 

FINE™/Open With OpenLabs™ V9.1の新機能および機能改善の概要

全製品共通のアップグレード

  • FlexLMのセキュリティがV19にアップグレード
  • Admin ツール が 2019.4 にアップグレード
  • Ubuntu18.04LTS のサポート開始
    (Ubuntu14.04LTS, Fedora22, Fedora25 サポート終了)
  • PGI18コンパイラの利用 
  • IntelMPI v2018.0 対応(Windows)
     

FINE™/Open With OpenLabs™

  • 1次風上スキームでの初期化設定がGUIで可能
  • 全タイプの流体に対しMerkle プレコンディショニングと風上スキームが併用可能
  • 現在の燃焼テーブルを生成するための情報の可視化
  • 非圧縮性流体に対するシミュレーションのロバスト性 改善
  • モーダルアプローチによる流体ー構造の連成
  • 非ゼロ厚さ壁モデルによる薄壁層内の熱伝達のモデル化
     

HEXPRESS™/Hybrid

  • AutoSealテクノロジー
  • Fluentメッシュ品質基準に基づく改良
  • メッシャーおよびDatamapperでのジオメトリ補修のサポート
  • Datamapperでの形状の一部削除機能
  • メッシャーでの分散並列のサポート(LINUX)
     

HEXPRESS™

  • 新しい Python コマンド追加

 

サポートするプラットフォームおよびオペレーティングシステム

サポートするプラットフォームおよびオペレーティングシステムは次の表の通りです。
NUMECAのソフトウェアは、x86_64プロセッサー(Intel 8086 命令セットと互換性のある 64 ビットプロセッサー)で動作する64ビットOSのみをサポートしています。

Windows環境

プロセッサー 公式サポート 稼働確認済みa 32bit / 64bit
x86_64 Windows 7 Professional -
  64 bit
x86_64 Windows 8.1 Professional - 64 bit
x86_64 Windows 10 Professional - 64 bit
x86_64 Windows HPC 2012 - 64 bit
x86_64 - VISTA Business 64 bit
x86_64 - VISTA Ultimate 64 bit
x86_64 - Windows Server 2008 64 bit
x86_64 - Windows Server 2012 64 bit

a. 提携会社あるいはお客様により確認されたものであり、この構成は公式にはサポートしていません。
b. HEXPRESS™/Hybridを除く
 

Linux環境

プロセッサー 公式サポート 稼働確認済みa 32bit / 64bit
x86_64 Fedora Core 28.x - 64 bit
x86_64 (K)Ubuntu 18.04b - 64 bit
x86_64 CentOS 7.4 - 64 bit
x86_64 Red Hat Enterprise 7.x - 64 bit
x86_64 - Red Hat Enterprise 3.x, 4.x, 5.x 64 bit

a. 提携会社あるいはお客様により確認されたものであり、この構成は公式にはサポートしていません。
b. UbuntuのようなDebianベースのOSは、LSBが搭載されていても、LSB規格の準拠に問題があるため、ライセンスサーバーとしては推奨しません
c. HEXPRESS™/Hybridを利用するにはNVIDIAドライバーの場所に注意する必要があります。環境変数LD_LIBRARY_PATHを定義して/usr/lib/nvidia-current/を設定して、ドライバーの場所を指定してください。
d. OpenLabs™モジュールは、C++コンパイラーg++4.7.3ではコンパイルできません。
e. vmware上のCentOS 7.5は、HEXPRESS™/Viewではサポートされていません。

 

これらの新機能を是非ご活用下さい。詳細については、FINE™/Open with OpenLabs™ ページをご覧になるか、info-jp@numeca.comまでお問い合わせください。

 

この記事を共有:

Laura graduated as Mechanical Engineer with a specialization in Energy from the Belgian University of Mons. She joined NUMECA international in 2015. For the first 3 years, she worked as a Turbomachinery Application Engineer. Today, she manages the Multiphysics Product and Application Group.