FINE™/Turbo & FINE™/Design3D 15.1 国内公式リリース

    日本ケイデンス・デザイン・システムズ社     国内ニュース     30.10.2020

FINE™/Design3Dの最適化ワークフローの操作性の向上と、FINE™/Turboに新しい壁面距離計算アルゴリズムの追加

 

FINE™/Design3Dの最適化ワークフローの操作性の向上

Concepts NRECの設計システムAxCent®の統合の一環として、AxCent®出力パラメータが使用できるようになります。曲率、面積、およびスロートの計算など、ターボ機械の幾何学的解析は、FINE™/Design3Dで実行し、最適化することができます。

また、FINE™/Design3Dのレイアウトが改善され、何千もの入力パラメータを持つプロジェクトを処理するために、新しいフィルタリング機能とコマンドが追加され、プロジェクト内の設計パラメータを素早く選択し、設計空間の境界を定義することができるようになりました。

New filters and quantities for a better integration with AxCent®

AxCent®との統合性を高める新しいフィルタリング機能と設計パラメータ

 

プロジェクトを設定するためのユーザー入力を最小限にするために、SCREENING計算を設定するための操作の大部分が、Python™コマンドとして使用できるようになります。マクロによって行われる操作は自動的に記録され、GUIまたはコマンドラインから、SCREENING計算を生成するために使用することができます。

 

FINE™/Turboに新しい壁面距離計算アルゴリズムの追加

ほとんどのRANS乱流モデルでは、壁面距離の計算が必要ですが、ブルートフォース法や再帰的手法を用いて計算するには、かなりの時間を要します。新バージョンでは、ベクトル距離変換と波面伝搬を組み合わせた新しい手法により、壁面距離の計算時間を1~2桁短縮します。

新バージョンの機能を是非ご利用ください。

 

FINE™/Turbo & FINE™/Design3D 15.1の新機能および機能改善の概要

パッケージ全製品

  • FLEXLMベースのセキュリティIDがV20に更新
  • パッケージの全般的なアップグレード
    • Parasolidがv32.1.222にアップデート
    • Datakitライブラリがv2020.1にアップデート(Catia V5ファイルのインポート用)
    • LINUXでフローソルバーのコンパイラがPGI 18.10にアップデート
    • Admin Toolがv2020.1へアップグレード
       

AutoGrid5™

  • ターボ機械軸の定義
     

FINE™/Turbo

  • 時間進行法を用いた非定常計算で、周期境界面のメッシュを変形が使用可
  • 壁からの距離の計算を短縮するFast Marching Vector Method(FMVM)
  • エキスパートパラメータの新しいデフォルト値
     

AutoBlade™

  • 翼のキャンバー 、および サイドカーブに新カーブ タイプを追加
     

FINE™/Design3D

  • AxCent®の形状情報の出力選択、GUIで設計変数パラメータのフィルタリングが可能
  • CFView™のポスト処理に使用するマクロに複数の出力を含めることが可能
  • Python API
     

サポートOS

Windows環境

プロセッサー 公式サポート 32bit / 64bit
x86_64 Windows 8.1 Professional 64 bit
x86_64 Windows 10 Professional 64 bit

※Windows版は、クラスター構成には対応しておりません。クラスターによる並列計算を実施する場合は、Linux版をご利用ください。

Linux環境

プロセッサー 公式サポート 32bit / 64bit
x86_64 Fedora Core 28 64 bit
x86_64 (K)Ubuntua 18.04 64 bit
x86_64 CentOS 7 64 bit
x86_64 Red Hat Enterprise 7 64 bit

a. UbuntuのようなDebianベースのOSは、LSBが搭載されていても、LSB規格の準拠に問題があるため、ライセンスサーバーとしては推奨しません。

この記事を共有:

NUMECA製品について

NUMECAの革新的なソフトウェアは、流体の流れと熱伝達に関するシミュレーション、設計、最適化、音響シミュレーションなどに利用され、開発コストを削減しながら、製品の優れた品質や性能を実現する目的で、多くの製品開発者、設計者、研究者の方々に活用されています。

これまで25年以上に渡り、航空宇宙、海洋、自動車、エネルギー、発電等の分野で世界をリードする大企業が、高い性能と信頼性を兼ね備え、非常に使い勝手のよいNUMECAのソフトウェアを採用し、専門性の高いサポート、コンサルティングサービスを利用しています。特にターボ機械の分野では、NUMECAのシミュレーションツールは、業界のデファクトスタンダードとなっており、世界中の企業の製品開発を支えています。