流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウムにて、Charles Hirsch教授が特別講演

    日本ケイデンス・デザイン・システムズ社     国内ニュース     22.06.2021
Charles Hirsch 教授

2021年6月30日(水)、7月1日(木)、2日(金)に開催される、「第53回流体力学講演会/第39回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム」にて、NUMECA International 創業者の Charles Hirsch 教授が、招待講演を行ないます。

本シンポジウムは流体力学講演会(FDC)と航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム(ANSS)を合同開催するもので、流体力学と数値シミュレーション技術の分野における研究の発展へ寄与することを目的としています。

Charles Hirsch(チャールズ・ハーシュ)はブリュッセル自由大学の教授であり、1992年にNUMECA Internationalを創業し、以後、数値流体力学の普及に尽力してきました。現在はケイデンスのFellowを務めています。

現在50~60代で、大学時代に数値流体力学を専攻された方は、ハーシュ教授の書いた本を教科書にしていたという方も少なくないのではないかと思います。

日本で開催される学会でハーシュ教授が講演するのは珍しいですが、オンライン開催だからこそ実現できたともいえます。この機会に、ぜひご聴講されてはいかがでしょうか。

◆日時:2021年7月1日(木)16:30~17:30
◆タイトル:The Road towards Next Generation CFD Software Systems
◆シンポジウム概要:
   https://branch.jsass.or.jp/aerocom/ryu/ryu53/
◆プログラム:
   https://branch.jsass.or.jp/aerocom/wp-content/uploads/sites/9/2021/06/Program2021_0614.pdf
◆会場:ウェブ会議アプリによるオンライン会場
◆主催:日本航空宇宙学会、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
◆協賛:日本流体力学会、日本機械学会、日本風工学会、可視化情報学会、
日本ガスタービン学会、情報処理学会、日本燃焼学会、日本応用数理学会

参加は事前登録が必要です。

なお、事前申し込みは一応締め切られていますが、今からでも聴講ご希望の方は、事務局(ryu53@chofu.jaxa.jp)に直接お問い合わせいただければご配慮いただけるとのことです。ただしあまり直前になると難しいので、希望される方は早めのご連絡をお願いします。

この記事を共有:

NUMECA製品について

NUMECAの革新的なソフトウェアは、流体の流れと熱伝達に関するシミュレーション、設計、最適化、音響シミュレーションなどに利用され、開発コストを削減しながら、製品の優れた品質や性能を実現する目的で、多くの製品開発者、設計者、研究者の方々に活用されています。

これまで25年以上に渡り、航空宇宙、海洋、自動車、エネルギー、発電等の分野で世界をリードする大企業が、高い性能と信頼性を兼ね備え、非常に使い勝手のよいNUMECAのソフトウェアを採用し、専門性の高いサポート、コンサルティングサービスを利用しています。特にターボ機械の分野では、NUMECAのシミュレーションツールは、業界のデファクトスタンダードとなっており、世界中の企業の製品開発を支えています。