• ターボ機械
    予備・詳細設計 | CFD | 最適化 | ロバスト設計
    オールインワン環境
  • 船舶、水力、石油・ガス
    業界をリードする船舶業界向けCFDソフトウェア
    水力解析に対する野心的なアプローチ
  • 空気力学とマルチフィジックス
    CFDモデリングとマルチフィジックスに対する最新でオープンなアプローチ
    圧倒的に高速なソルバー、フレキシブルなOpenLabsアプローチ
  • 格子生成
    あらゆる用途にただ1つの格子作成ツール
    構造/非構造/ハイブリッド格子生成
  • Aero - Vibro Acoustics
    Tonal & broadband analysis at the click of a button


Innovation & Quality

NUMECA: 流体力学のニューウェーブ

今日、NUMECAは、計算流体力学(CFD)とマルチフィジックス設計、解析、および最適化の分野で、最もイノベーティブな企業であると認められています。創造性、イノベーション、そして品質を力に、NUMECAは誇りをもってその情熱を世界の主要産業を支援するソフトウェアツール群へと向けています。 

最先端技術に基づく、アプリケーション主導型の機能とインターフェース、高品質自動完全六面体メッシュ生成、高精度高速CFDソルバー、マルチフィジックスと音響、ロバスト設計、不確かさ解析による最適化について、NUMECAは広く知られています。NUMECAでは、個別の業界の要件に応じて、革新的な技術とモデルを提供しています。顧客満足がNUMECAの中心となる目標であり、お客様の製品設計を組織の真の成功につなげるため、ソフトウェアとサービスを改善し続けています。

世界に展開するクリエイティブなチームにより、最高クラスのソフトウェア、R&D、サービスをお届けします。

 

 

 

 

ソリューション

格子生成

NUMECAは、CAEアプリケーション全体をカバーする、回転機械のための完全六面体構造メッシュ作成から、完全六面体および六面体主体の非構造メッシュ作成のセットまで、高品質な格子のための包括的なメッシュ生成ソリューションを提供します。

ターボ機械

すべてをカバーするターボ機械ソリューション群-予備設計から最適化まで 

市場最速CFDソルバー

すべてのタイプの多段軸流、遠心または斜流構成の圧縮機、タービン、ポンプ、ファン、プロペラまたは二重反転プロペラに対応しています。

船舶-水力-石油・ガス

船舶・海洋に特化したソフトウェア群

あらゆるタイプの船舶の周囲の単一と複数の流体流れをシミュレーションするためのソリューション。凌波性や操縦性のためのカスタマイズされたセットアップ。

閘門や青波の中のスロッシングをモデリング

多目的

NUMECAの多目的環境は、各種のカスタムビルドされた専用の業界ワークフローで、内部外部の空気力学、熱伝達、混相流、燃焼、メディカル用途を含む、広範囲なマルチフィジックス用途をカバーしています。

近日開催イベント

Turbomachinery & Pump Symposia, Houston, Texas

NUMECA USA will be exhibiting at the Turbomachinery & 32nd Pump Symposia (TPS), September 10-12, 2018, at the George R. Brown Convention Center in Houston, Texas.

最新ニュース

New Release - FINE™/Open with OpenLabs™ version 8.1

The new version of FINE™/Open with OpenLabs™ is out! Automatic coarse grid simulation, Grid-to-Grid solution transfer, a pressure-based solver for aerodynamic flows and much more available now.

新規リリース - FINE™/Marine v7.2

NUMECAは、FINE™/Marineメジャーバージョン7.2の公式リリースを発表します。シンセティックジェット、CAD前処理、水中翼用準静的手法、モダールアプローチなどのハイライトをご覧ください。

新規リリース - FINE™/Acoustics v8.1

ターボ機械アプリケーションのトーナルおよび広帯域騒音を予測する新ウィザード、大規模妥当性検証、新規Pythonコマンドを含む、FINE™/Acousticsバージョン8.1をご覧ください。

  • もっとお知りになりたいときには、
    以下をクリックしてご連絡ください。