Innovation & Quality

不確かさ解析

作動条件、幾何学的形状および製造公差の数量化

 

NUMECAの不確かさ解析モデル(以下UQ)では、不確かさの影響を考慮したCFD結果を容易に数量化できす。UQモデルでは必要なパラーメータをユーザ任意の確立密度関数で設定、組合わせることで不確かさ解析を効果的に実現いたします。

UQモデルを考慮した解析では、次の内容を行います。

  • 確率密度関数を設定することで不確かさを考慮した解析
  • 解析必要なメッシュ生成、解析設定や実行、ポスト処理をシームレスに実行
  • 不確かさを考慮した解析結果にはエラーバーを表示
  • 確定的予測性能値の代わりに、確率密度関数で設定、予測された解析数量を取得 

 

主な機能

  • 使いやすいUQ設定メニュー
  • 作動条件、形状そして製造上の不確かさの影響を考慮した解析結果の数量化
  • 不確かさを考慮したCFD解析には、該当パラメータに確率密度関数の定義が必要
  • 不確かさを考慮した解析結果で得られる予測性能曲線では、エラーバーを表示